ご訪問ありがとうございます。当サイトではアフィリエイトリンク(Amazonアソシエイト含む)を使用しています。ナチュラルな暮らしを目指しているわたしが実際に使ったもの・心底おすすめしたいもののみを掲載しています。役に立った・為になったと思ったらリンクから買い物で応援していただけるととても嬉しいです。☺︎

タイでゾウを見るならここ!自然に一番近い環境の保護施設。ゾウが幸せそうで泣ける

Overseas

動物が好きだけど、ゾウ乗りやトラと写真が撮れる施設には興味がない/罪悪感を覚えるあなたへ。

欲を言うなら野生動物を見たいと思っているくらい、なるべく自然に近い環境のゾウを見たいあなたへ。

タイ・チェンマイから行ける「エレファント・ネイチャー・パーク(ENP)」に行ってください!

ゾウを保護する必要性?

タイに来たからにはゾウに乗りたい、触れてみたい!その気持ちはよくわかります。

だけど観光業で使われているゾウたちがどんな扱いを受けているか・・・

その実態を知り考える人はまだまだ少ないと感じます。

ここエレファント・ネイチャー・パークではゾウ乗りやサーカスで身体的・精神的に傷ついたゾウたちをレスキューして保護しています

家族と引き離されたり、狭い環境に閉じ込められたり、休憩もなく働かされたり・・・

今回わたしが訪問した時には虐待により目が見えなくなってしまったゾウもいました

そんなゾウたちをなるべく自然に近い姿でのびのびと暮らせるようにサポートしているのがこの施設です。

現在は100頭以上のゾウや、他の動物たちも同じ空間に共存しています。

平和なお散歩が最高の半日ツアー。ゾウ乗りはもちろんなし

今回わたしは午前の半日ツアーに参加しました。(2024年1月)

スケジュールはこんな感じ。

  • 8:00 チェンマイのホテルにてピックアップ
  • 9:30 施設到着 自由時間
  • 10:00 ゾウ見学のお散歩スタート
  • 12:00 お散歩終了・ビュッフェスタイルのランチ
  • 13:00 施設出発 ホテルへ
  • 14:30 ホテル着

詳しく書いていきます。

9:30 ゾウを眺めながらカフェタイム

施設に着いたら先にツアー代金の支払いをします。(後述)

その後少し自由時間があるとのことでカフェで飲み物を頼みました。

カフェと言っても動物たちがいる広場に併設しているから、ゾウたちがよく見える。着いてさっそく夢のような時間でした。

そしてこのカフェもこだわられていて、コーヒー豆は持続可能な栽培をされているものミルクは植物性ミルクのみの取り扱い。(日本ではほとんど見ないピスタチオミルクがあったので飲んでみた、おいしかった!)

また、利益は100%動物たちに使われると明記されていてとても好感が持てました。

参加費の利益ももちろん、動物たちのお世話やこの施設の存続に使われるんだろうけど、ここでお金を落とすことがさらに援助になると思うとうれしくなりました。

10:00 – 12:00 自然の中、動物たちの生活を間近で観察

檻や柵が何もない広大な土地の中を歩いてまわりました。

ゾウたちも特に場所が決められているわけでもなく、餌を食べたり、泥遊びをしたり、川の水に浸かったり・・・

親子で一緒にいたり、友達と過ごしていたり、とにかく自由に過ごしていて、そんな自然な姿を見られることに感動・・・!

食事タイムのゾウたち。と言っても一日中食べているらしい。笑

ここにいるゾウたちはいわばリハビリ中。そんなところにお邪魔させてもらっている私たち。

ガイドさんが教えてくれるゾウの名前や、そのゾウがここに来た経緯をききながら、ゆっくりと進みます。

私たちのグループのガイドさんはGingさんという方だったんだけど、とてもフレンドリーで質問するとなんでも答えてくれました。

ゾウ乗りはもちろんしないし、餌やりや触れあいもなし。(スタッフさんが餌をやっているところは見られる)

だけど思ってたよりも近くに行っても大丈夫で(正面には行かない)、目や鼻の細部まではっきり見えました。

misa
misa

か、かわいい〜〜〜〜〜!

そしてゾウってやっぱりでかい!ので、けっこう迫力があった。

動物たちを眺めながら、時には写真を撮りながら(距離は必ずわきまえる)、ゆっくりと平和な時間が流れていく。

それはゾウ乗りのようなインパクトのあることではないかもしれないけど、それが何よりも贅沢で、私にとっては人生で一番のお散歩でした。

人間にトラウマのある子もいるはずなのに、みんな優しい目をしていて、攻撃的にならずにいてくれて、とても温かい時間を過ごすことができました。

12:00 – 13:00 おいしいヴィーガンランチ

お散歩が終わったらお昼ごはんをいただきます。

ビュッフェスタイルで、ご飯、めん、おかずがたくさんありました。すべてヴィーガン仕様

味が口に合うか不安でちょっと少なめに取ってしまったけど、もっと取っとけば良かった!と思うぐらい美味しかった。おかわりに行ったらもう全部なかった。笑

野菜たっぷりヴィーガンランチ。遠目にゾウを眺めながら。

ちょっと余談。

同じテーブルで食べたフィンランド&フランスから来たカップルがとっても気さくでいい人たちで。

同じバスに乗った人たちも親切&フレンドリーな人が多かったし、なんていうかこのツアーに参加する人はもちろん動物が好きで、支援したいとか考えている人たちで、、、「いい人」が多いんだろうなって思いました。

きっともう会うことはないけれど、彼ら彼女らにもらったエネルギーは忘れません。一期一会。

ランチを食べた後は施設内を少しぶらぶらして(ちょっとしたお土産屋さんもある)、最後にデッキのような場所からゾウたちを眺めました。

misa
misa

あっという間の半日ツアー。お別れは名残惜しかった〜

どれぐらいの英語力が必要?

ENPの訪問は、2024年2月現在、英語ツアーのみ開催されています

今回案内してくれたガイドさんが「日本人の参加は少ない」と言ってたので、日本語ツアーを開催するまでもないんだろうな。

さて、どのくらいの英語力が必要かというと、、、

  • 英語がペラペラじゃなくても大丈夫
  • 理由:ゾウたちを観察してその場を楽しむことがメインだから話すことは少ない
  • 基本的な英単語は知っておいた方がいい(「何時に〇〇」など、簡単な指示は分かった方がいい)

もちろんガイドさんの説明を聞いたり他の参加者と雑談したりできるとより楽しめるし、安心して参加できるとは思う。

でも英語力に関係なく、参加者は目の届く範囲でわりと自由に動いていて、ガイドさんの話を聞くかどうかはその人次第って感じでした。笑

misa
misa

このパークの歴史や動物についての知識はネットで調べれば分かるしね〜

類似の保護施設に注意

タイ・チェンマイから行けるゾウの保護施設はたくさんあります。

でも!保護施設(サンクチュアリ)とは名ばかりで、実際にはゾウに負担をかけていたり芸をさせていたりするところも少なくないです。

私が調べた限りでは、エレファント・ネイチャー・パーク(ENP)は一番自然に近い環境でゾウを保護していて、ゾウへの愛があって、安心して訪問できるところだと感じました。

もし他の施設も検討する場合は、きちんと中身を見て、自分が納得するものかどうかの確認をお忘れなく・・・!

misa
misa

でも、動物好きにはやっぱりENPがおすすめ・・・!

この記事で紹介しているエレファントネイチャーパークがいいなと思った場合は、別の施設で似た名前のものもあるので間違えないように注意してくださいね。

ENP 訪問・ボランティアの種類

ENPの訪問は期間も種類も様々です。

期間

  • 半日(午前)(わたしが参加したもの)
  • 半日(午後)
  • 一日
  • 一泊二日
  • 一週間

など。

種類

大まかには「訪問(Visit)」「ボランティア」に分かれています。

訪問 (Visit)

ただただゾウを眺めて楽しむプログラムもあれば、ゾウとより近い距離で接するものもある(餌をやる、水をかけてあげるなど)

ボランティア

裏方の仕事(餌となるトウモロコシの収穫など)もある

うんちを掃除する(!)など、よりディープなお世話もある

お世話をするプログラムの場合、学べることも多そうですね。

misa
misa

次回はぜひボランティアに参加して、もっと深く知り関わってみたい。

ENP訪問 予約&支払い方法について

ENPのホームページから予約する(英語)

すべての訪問・ボランティアが公式ホームページに詳しく載っています。

英語だけど、ブラウザにChromeを使えば日本語に翻訳して見られるし、予約フォームもそこまで複雑ではありません。

ただデメリットもありまして、、、今回わたしはこちらから予約したんですが、以下のようなことがありました。

  • 予約時に支払額の一部をPayPalで決済する必要あり
  • 残額は当日現地支払い。現金を用意してねという旨のメールが届く
  • 現地通貨でそんな金額を持ってないわたし、焦る(カード決済できると思ってた)
  • ENPに相談。結局クレジットカードでも決済できたけど、3%上乗せの金額になってしまった

もちろんこれは自分の不手際のせいでもある。反省してます。

それに、3%とられたと言えども無事に支払えてよかった、安堵。なのです。

だけど、それにしても、支払いがちょっとスムーズでないなと感じました。PayPalも初めてだったし。

公式ホームページにはプログラムの種類がたくさんあるので、色々と見比べて決めたい、どうしても参加したいプログラムがある、という場合はこちらからの予約が良いと思います。

支払い方法などはよく確認してくださいね。

こんな人におすすめ
  • 英語での予約に抵抗がない
  • 多くのプログラムの中で、どうしても参加したいプログラムがある
  • ひとりで参加する(後述)

半日プログラムまたは1日プログラムのどちらかであれば、以下のサイトが日本語で簡単に予約できて支払いもスムーズです。

海外ツアー専門サイトで予約する(日本語対応)

海外オプショナルツアー専門のオンライン予約サイトKKdayでもENP訪問の予約ができます。(トリップアドバイザーは2024年2月現在予約休止中)

選べるプログラムは2種類で、半日プログラムまたは1日プログラムのみ。でも、ほとんどの方がそのどちらかで十分なのでは?と思います。

  • 申し込み・支払いも難しくない。カード決済OK
  • 金額は、公式ホームページでの予約よりもむしろ若干安い ※2024年2月現在のレートで計算

カード決済でももちろん3%の上乗せは必要なく(笑)、安心して利用できます。

唯一のデメリットは2名以上での申込が必要なこと。※2024年2月現在

友達やパートナー、家族と計画している方は迷いなくこちらからの申込で問題ないです

また、KKdayの利用が初めての方は500円オフクーポンもあ。海外旅行が好きなら登録しておいて間違いないサイトだと思いますよ〜(わたしも何かあるたびKKdayを使ってます)

こんな人におすすめ
  • 英語での予約が不安
  • 少しでもお得に、スムーズに予約したい
  • ベーシックなプログラムで問題ない
  • ふたり以上で参加する
misa
misa

一人旅の方はお手数ですが公式ホームページからご予約ください・・・!

ひとりでも多くの方がこのプログラムに参加し、自然・動物と共存するしあわせな時間を過ごせますように。とても価値のあるプログラムです。

観光業に従事する動物たちの肉体的・精神的負担の理解が少しでも広まりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました