ご訪問ありがとうございます。当サイトではアフィリエイトリンク(Amazonアソシエイト含む)を使用しています。ナチュラルな暮らしを目指しているわたしが実際に使ったもの・心底おすすめしたいもののみを掲載しています。役に立った・為になったと思ったらリンクから買い物で応援していただけるととても嬉しいです。☺︎

「米のとぎ汁」で洗い物はできるのか?良い点と正直イマイチな点【エコと節約】

Daily Use Items

米のとぎ汁で洗い物ができるって聞いたんだけど、ほんとー???

普段から使っている私がお答えします。

misa
misa

米のとぎ汁で洗い物、できます!!!

ただしギットギトの油汚れには向きません。その辺りも踏まえてくわしく書いていきますね。

米のとぎ汁で食器洗いをする方法

  1. 米のとぎ汁をボウルやペットボトルにとっておく
  2. とぎ汁を使って洗い物をする(つけおきもOK)

「1回目のとぎ汁にはゴミが混ざっている可能性があるから2回目以降のものを使う」という方もいますが、私は気にせず1〜2回目のものをメインに使ってます。

misa
misa

どうせ洗い流すからね。1回目のものが一番濃いから汚れもよく落ちる。

<活用のコツ>

  • 汚れがひどいものはあらかじめ拭きとるかお湯で予洗いする
  • とぎ汁をたっぷりと使う

とぎ汁は「洗い成分そのもの」というよりも「洗い成分+水」の状態なので、濃度が低いです。

例えばお碗の場合、お椀の半分以上はとぎ汁を入れてスポンジでバシャバシャと洗うのがおすすめ。

洗い桶にとぎ汁をためて、その中で洗うくらいでもいいと思います。

また、汚れがひどい場合は、とぎ汁でつけおきしてか洗剤で洗うのもおすすめです。

<注意点>

米のとぎ汁は日持ちがしません。目安として常温で1日以内冷蔵保存で2〜3日以内に使い切りましょう。

misa
misa

お米を炊くたびにためておけば、大半の洗い物に使えてるよ

米のとぎ汁で洗えないものもある?

洗えるもの

  • 油汚れが少ないもの
  • 陶器ホーローガラスステンレスであれば多少の油汚れもよく落ちます

和食中心のメニューであれば問題なく使えます。

洗えないもの

  • ギトギトの油汚れ
  • プラスチックシリコンの調理器具や容器。少しの油でもやや落ちにくい

油をたくさん使った料理や、油分が多い食材を使ったときには、1回洗いでは落ちないこともあります。

あとは、生の魚や肉を切ったまな板なんかには、洗剤を使うようにしています。(米のとぎ汁の殺菌作用などは不明なので・・・!)

<対策>

  • 予洗いとしてとぎ汁につけおきしておくと、汚れが乳化されて落ちやすくなる
  • 仕上げに少量の洗剤を使う
  • プラ製品は卒業してガラスやステンレスなど長く使えるものに変える。(環境にも◎)
  • 和食中心・油控えめのメニューにする(健康にも◎)

米のとぎ汁をつけおきしておくと落ちた!事例

上記の<洗えないもの>に油が多いものプラスチック素材のものを挙げました。

が、時間さえ置けばこれらもラクに落とすことができたので、ここに残しておきます。

もし以下を読んでつけおきしたいと思ったら、濃いめのとぎ汁を使ってくださいね。

事例① ごま油のビン容器

misa
misa

油が入っていたビン容器を洗うのって大変なのよ。。。

試しにごま油のビン容器にとぎ汁を入れて、数日置いておきました。

すると、なんと油が小さな塊になって分離してきている!

その後もとぎ汁を入れ替えながら数日を過ごして、完璧とは言えませんがごみに出せるくらいにはきれいになりました。ごみに出せる基準は自治体により異なります)

写真を撮っておけばよかった。次回は撮ります。

デメリットはシンクにずーっとビン容器があるので邪魔といえば邪魔。はやく片付けたい気持ちになりますw

事例② タレ焼き鳥が入っていたプラタッパー

たっぷりのタレがかかった焼き鳥を入れていて、ぬるぬるしていたプラタッパー。

さすがに洗剤が必要かな〜と思いつつ、一晩つけおきしてみました。

すると翌朝、ほとんどの油が落ちてる!タッパーのぬるぬる感がなくなっている!

これには私もびっくり、いい意味で期待を裏切られました。

ただ少しニオイが気になったので、さらに数時間つけておくと(ここでも洗剤を使わない意地w)、すっきり。

結局、洗剤は使わずに洗えてしまいました。ありがとう米のとぎ汁。

misa
misa

時間さえおけばニオイにも効果あるのね

とぎ汁で食器洗い。良い点と、正直イマイチな点

良い点

  • 水と洗剤を大幅に節約できる
  • 素肌にやさしく手荒れしない
  • 捨てる予定だったものを大いに活かせて嬉しい気分になる
misa
misa

作物から出るものを活かして家事をする。循環を感じられるので楽しい

イマイチな点

  • 一般的な洗剤に比べると洗浄力が弱い
  • 米のとぎ汁を置いておくための容器と場所が必要
  • 日持ちしないので、いつのとぎ汁か気にしておかないといけない
  • 冬場はかなり冷たくなる(ゴム手袋がおすすめ!)
misa
misa

洗い物はとぎ汁だけで!というわけにはいかないけど、

洗剤も併用すればデメリットは特に感じないよ

もっと強力な洗浄力がほしいなら、米ぬかを活用

米ぬかだけでも洗い物ができる

水と重曹と米ぬかを混ぜてペースト状にする方法もありますが、ちょっと面倒だし冷蔵保存しないといけないしで性に合わないので省きます。笑

米ぬかを直接食器やフライパンにふりかけて、こするようにすると十分に汚れが落ちます。

米のとぎ汁よりも洗浄力が高く、油汚れにも強いです。

米ぬかが手に入りやすい人にはとてもおすすめの方法です。

家中マルチに使える米ぬか洗剤

身近に米ぬかはないし、買うまでもないなという場合、米ぬかを配合した洗剤を使うのもおすすめです。

米ぬかに有益微生物を配合したもので、汚れそのものを微生物の力で分解するという新しい発想のマルチ洗剤はいかがでしょう。

misa
misa

大好きな商品で、愛用してます

粉末タイプと液体スプレータイプがあって、洗い物だけでなく家中の掃除に使えてとっても便利。掃除が楽しくなる人多数。

もちろん人体には無害なので、赤ちゃんやペットがいる家庭にもおすすめです。

くわしくは以下の記事を参照してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました